国内移動ではスカイマークの格安航空券を使って移動

座席の広さは大手と変わらない

スカイマークを愛用してる理由 : 座席の広さは大手と変わらない : スカイマークの会長さんの真摯な対応

格安航空券を利用するとよく目にするのが座席の狭さを指摘する意見がありますが、スカイマークをよく利用する者としての感想は、大手航空会社(JAL・ANA)の広さとそれほど変わりはありません。
それでもスカイマークは全路線左右に分かれている3列シートを採用しているため、一人で乗る場合やカップルの場合はお隣の方を気にする方もいます。
先月妻と搭乗した際に気にしていたので、私が3列シートの中心に座ることになりました。
しかし前の座席との間隔は成人男性の場合でも拳一つ分の余裕があるため、ゆったりと座ることができます。
また妻が寒そうにしていたら客室乗務員の方がさりげなくブランケットを手渡してくれました。
普段は一人で乗ることが多いのですが、この「さりげないサービス」を隣でみていて凄いなと感心したものです。
私は機内の後方席を好んで利用しています。
それはトイレに近いためという理由からですが、この後方席には小さなお子さんと一緒のご家族がよくご利用されています。
まだ一人で座れない小さなお子さんは親に抱っこされているので泣いたりしないのですが、幼稚園生くらいの年齢の子は飛行機の揺れの恐怖から泣いてしまうことがあります。
そんなとき客室乗務員の方がお子さんと同じ目線で話しかけ、絵本を手渡したり玩具を渡したりと対応してくれるので、これからご家族での旅行をされる方は安心して空の旅を楽しむことができます。

スカイマーク航空券